故人の意思を尊重した家族葬|マナーを守ることも大切

葬儀費用の目安

追加料金に注意

線香

大東市では少人数で葬儀を執り行う家族葬が増えていますが、一般葬や直葬と比べてどのくらい費用に差があるのでしょうか。直葬もしくは火葬式は、通夜式や告別式などの儀式を省き、数名程度で行う葬式です。葬儀費用は、大東市の葬儀場または葬儀社で15万円から20万円程度のプランが用意されています。それから昔ながらの葬式を一般葬と言いますが、大東市の葬儀社で行う場合は50万円から120万円と、各社のプランによって差が生じます。葬儀に大きな費用がかかるケースは、豪華に故人を見送りたいという思いが遺族にあったり、参列者が多かったりする場合などです。ただし、これらの費用は葬儀一式費用であり、飲食接待費や寺院費用などが含まれていません。実際の葬儀総額は、200万円近くかかることを想定しておくと安心です。また、家族葬に関しては、基本的に家族や親族のみが集まりますが、親しい友人を呼ぶこともあります。大東市の葬儀社が用意する家族葬プランには、それほど差がありません。40万円から50万円くらいのプランが主流で、追加料金不要と謳っているところもあります。また、使用する設備によっても価格を抑えられることがあります。例えば、公営の火葬場を利用する葬儀社に家族葬を頼めば、火葬場分の費用を抑えることに繋がります。いずれにしても、これらの金額については焦って決めてしまうのではなく、初めに見積もりを取ることが大切です。大東市の葬儀社は相談に応じてくれるため、まずは問い合わせから始めましょう。

宗教・宗派に囚われない

葬儀会場

大阪府の東に位置する大東市は、人口約12万の街です。企業の本社もある大東市は、大阪府にある市の中でも比較的人口数が多いという特徴があります。多くの方が暮している大東市、ライススタイルも多様化しているようです。特にお葬式については、ライフスタイルの変化や個人の考えたかが大きく反映されます。近年増えている家族葬や無宗教葬も、ライフスタイルや考え方が多様化した事で生まれたお葬式と言えるでしょう。家族葬は文字通り、家族のみが個人を弔うお葬式のスタイルです。個人の家族、そして兄弟などの親族のみが葬儀を執り行います。家族葬はプライベートが重視されるようになった現代において、理にかなった葬儀スタイルとして注目を集めています。家族葬同様、注目を集めている新しい葬儀のスタイルが無宗教葬です。大東市ではまだまだ一般的ではない無宗教葬ですが、このスタイルもライフスタイルが多様化した事で生まれました。一般的にお葬式は仏教や神道、キリスト教など各宗教や宗派のしきたりに則って行われるものでした。ですが、何も信仰している宗教が無いという方も、日本国内には少なくありません。信仰していないのに宗教に則ったお葬式にするのは、自分の考えには合わないと感じる方もいるでしょう。このような背景から宗教・宗派に囚われない無宗教葬が誕生したのです。無宗教葬は自由な内容で、葬儀を執り行える点が特徴です。お坊さんのお経や、お焼香をするといった儀式は行いません。祭壇を設置する場合も、バラなど故人が好きだった花で飾る事が出来ます。自由なお葬式を作れる事から、無宗教葬はプロデュース葬とも言われています。

葬儀のマナー

フラワー

職場を引退してから亡くなるまでの間に、葬儀での会社関係者・職場関係者が減る、または疎遠になる事が多いので、今までとは違う、家族や身内だけで行う家族葬が大東市をはじめ全国で増加しているといわれています。この理由以外にもライフスタイルの変化や近所づきあいの減少、さらには核家族化進行によって葬儀を行った場合の参列者が少なく、また葬儀に参列するような人間関係を築いていない事も、家族葬の増加につながっています。大東市でも頻繁に家族葬が行われていますが、この葬儀はその名前の通り参列者は身内が基本で、まれにごく親しい友人が呼ばれる場合があります。葬儀にあたってのマナーは重要ですが、前提として家族葬は家族で集まって故人に別れを告げる事が基本です。別れのやり方は人それぞれですので、家族葬には決まったルールもありません。大東市にある自宅でも出来ますし、大東市の葬儀場でも行えます。ただし一般の葬儀と比較すると費用が格段に安くなります。ルールが全くないといっても参列者以外に、会社関係の人が故人が亡くなった事を知った場合には、どうするでしょうか。一般の葬儀であれば参列して香典を渡すところですが、家族葬では香典を受け取らないのが基本です。また参列も出来ない事から、お花を贈る事がマナーになります。家族葬の参列者としては、一般の葬儀の流れにとらわれる事がなく、儀式の進行や席順、また喪主の挨拶等も柔軟に考える必要があります。つまり各人が故人に対してのお別れの挨拶をするように行う事がマナーだと言えます。