故人の意思を尊重した家族葬|マナーを守ることも大切

小さな葬儀に定義はあるか

ゆっくりと偲びたいなら

葬儀会場

家族葬とは、基本的にごく親しい間柄で執り行う葬儀です。家族や親族だけのこともあれば、親しい友人を招待する場合もあります。人数に決まりはありませんが、50名以下であれば家族葬という呼び名になることが多いです。大東市で行われる葬式でも、家族葬の割合は増加傾向にあります。核家族化や地域の結びつきが薄れていることが影響していると言われています。大東市の多くの葬儀社が家族葬プランを数種類用意しており、平均的な額は50万円ほどです。しかしこれは基本プランのため、追加料金が発生する可能性が高いです。追加料金の例には、基本プランに入っていないオプションの料金や、参列者に対しての返礼品関連や飲食関連などの料金が挙げられます。さらに宗教者への御礼や火葬料、施設利用料などが別途かかることもあります。参列者が少ないため対応に追われることがなく、故人をゆっくりと偲べるという点が大東市で家族葬を行うメリットです。もちろん一般葬に比べて規模が小さいので費用を抑えられるというメリットもありますが、香典が少ないことを考えると必ずしも低コストだとも言えません。故人がまだ会社勤めをしていた場合など、付き合いの多い方であったなら、家族葬よりも一般葬の方が適している場合もあります。大東市の葬儀社では様々なプランを用意していますし、できるだけ故人や家族の希望と予算に合ったプランを考えてくれます。良心的で真摯な気持ちで対応してくれる葬儀社を選ぶといいでしょう。

多くの宗教施設で行える

ウーマン

大東市で家族葬を行える場所は、葬儀社が持つ斎場だけではありません。元々葬儀は自宅やお寺で行い、葬儀社が仕切る、という流れが普通でした。しかし、住宅事情や快適な式場を求める声が多く、現代のような斎場が増えたのです。ですから、大東市では近年においても菩提寺と深い関わりのある人はお寺で家族葬を執り行うことがありますし、近所の方を招きやすく自分も行きやすい近所の公民館などの集会施設を借りて行うこともあります。もちろん神道の形式で神社にて葬式を行うことも、キリスト教式で教会などで葬儀を行うことも可能です。遺族の負担が大きくなるものの、大東市の自宅で家族葬を行う人もわずかながらいます。大東市の斎場は葬儀用の装備が整い、人の動線や快適性も考えられた造りになっています。斎場以外で家族葬を行う場合は、葬式用の設備を葬儀社が持ってきて配置する必要があるため、却って費用がかさむ場合も少なくありません。特に斎場併設でないお寺の場合、本堂での葬式費用は高くなるのが一般的です。神社や教会ではどうかというと、神式も仏式もそれほど大きな費用の差はなく、キリスト教式は葬儀費用が抑えられるものの信者でなければ利用できません。葬儀のために信者になることを考える人もいるかもしれませんが、多額の寄進をしなければいけない可能性があるので注意が必要です。大東市で理想とする場で家族葬を行うことは大事でしょうが、費用も大切な条件です。斎場以外でも費用を抑えられる可能性は十分にあるため、数種類のプランを練って見積もりを比較するといいでしょう。

早めの葬儀社決めが理想的

合掌

大東市で家族が亡くなった場合、葬儀社が決まっていればすぐに病院から連絡を入れます。なお、24時間対応している葬儀社が一般的です。連絡後は、葬儀社が遺体搬送車でご遺体を所定の安置場所まで搬送してくれます。近年では自宅に安置することが少なく、斎場や火葬場の安置場などが主流です。もし急なことで葬儀社が決まっていない場合は急いで探す必要があります。病院の安置施設は使えないため、ご遺体も早めに搬送しなければいけません。時間がない場合は病院が紹介してくれた大東市の葬儀社に、搬送だけを依頼することも可能です。もしくは、自家用車で自宅に搬送しても構いません。大東市で家族葬を行う場合、葬儀社との打ち合わせで喪主や世話役、受付、会計などの係決めを行い、場合によっては弔辞奉読を頼む人を決めます。菩提寺がない場合は、葬儀社に僧侶を紹介してもらうことがほとんどです。それから、家族葬を行う日時や形式、式場、火葬場を選び、会葬者の数を予想して飲食や会葬御礼・香典返しなどの内容や数を決めます。大東市の家族葬は、3つくらいのプランから選ぶようになっていて、一般葬よりは選びやすい可能性があります。けれどもオプションの部分も多いので、決めなければいけない点は多岐にわたるでしょう。家族葬の見積もりが上がったら、現金を用意します。葬儀費用だけでなく、お布施や戒名料、お車代など宗教者へ包む分の用意も必要です。また、それぞれのお金を包む袋も用意します。